これから出産予定の方には辛いかもしれませんが、
難産だった場合の覚悟を決めるために、難産を
経験したママ達の声を集めました!

難産を経験したママ達の声をどうぞ!

産み分け

陣痛が5分間隔になっていたにも関わらず、子宮口が全然開いておらず、促進剤を使うことになりました。 促進剤の点滴を始めてからすぐに陣痛の間隔は短くなり、痛みもどんどん強くなりましたが相変わらず子宮口が開かず…助産師さんが必死にグリグリして広げてくれたのですが、なんと、回旋異常(赤ちゃんの顔の向きが逆)になってしまっていて子宮口全開にも関わらず分娩室に行けず、向きを直すように横になって待機していました。既に陣痛は1分おきで地獄の苦しみに耐え続けました。 結局赤ちゃんの向きは変わらず、このまま待機しても危ないということで吸引分娩にて出産。引っ張らた分、頭の長くなった赤ちゃんが生まれてきましたが、健康そのものだったので安心しました。 陣痛が始まって丸一日以上かかっての出産で肉体的にも精神的にも疲弊しましたが、かわいい我が子に会えたので頑張った甲斐がありました。


予定日に産婦人科で検診がありました。しかし、赤ちゃんは下がってこず、また顔の位置が上を向いているということで、まだまだ産まれないと診断されたのですが、その日の夜に高位破水の為、入院になりました。その後、陣痛が始まったものの微弱だった為、翌日に陣痛促進剤を打ちました。しかし、赤ちゃんは降りてこず、また、頭も上を向いたままでした。促進剤の影響か、嘔吐がひどく止まりませんでした。促進剤を打ってから8時間後、破水していたこともあり、また体力的に厳しいと判断され、緊急帝王切開となりました。


分娩時間は17時間と初産なら長くも短くもない時間でしたが、陣痛室での赤ちゃんの動きが恐ろしかったです。助産師さんがモニターと視診と触診で子宮口の開き具合などを見ながら分娩の進み具合を確認するのですが、陣痛の間隔が「もう生まれる」ところまで来ても、「おかしいな、赤ちゃんの頭が全然見えない…」というのがしばらく続きました。実は赤ちゃん、出口を間違えて私の肛門の方向に必死に出ようとしていたのです。まさかの出産やり直し(笑)一旦赤ちゃんを胃の方向へ戻し(女豹のポーズで)、そこからはスムーズにいきむことができました。どのくらいの時間がたったのかはわかりませんでしたが、時計を見る余裕もないほどのあの痛みは無駄でした(笑)


一番最初の出産は、超難産でした。妊娠中かなり太ってしまいたぶん贅肉がじゃまをして産道から赤ちゃんが降りてこなかったのでしょう。なかなか陣痛がきても降りてこなかったので苦しみました。20時間くらい陣痛を繰り返し、最後のほうは記憶がないくらいです。たぶん意識が飛んでいたのだと思います。痛いし、赤ちゃんにも悪い影響が出るんじゃないかと心配でしたが、なんとか先生が押し出す形で出産することができました。二度と出産は嫌だと思いましたね。


陣痛だなと気付いた時から出産まで、40時間かかりました。 入院してからも、なかなかお産に繋がらず促進剤の薬を1時間置きにを1錠ずつ飲み合計3錠飲みましたが陣痛は遠退いていきました。 もう少しで破水しそうなのになかなか破水せず、最終的には先生の手で破水させました。 それでも赤ちゃんもなかなか降りてこず、私の体力も限界だったので無痛分娩になりました。 麻酔がかかっていて、上手に力めないので結果、赤ちゃんは吸引して産まれました。 促進剤、人工被膜、無痛分娩、吸引とフルコースのお産でした。


陣痛らしき痛みが始まったので病院に連絡するが、「まだ大丈夫でしょう」と言われ、その日の夜は痛みと戦いながら自宅で過ごす。次の日の夜、いよいよ痛くなってきたので、やっと病院へ。しかし病院のベッドは満員で分娩室もふさがっていたため、分娩室隣の陣痛室のベッドで一晩、痛みを耐えながら過ごす。 そのうちに陣痛の間隔があいてきてしまい、仕方なく最終的には「陣痛促進剤」を使って陣痛を促すことに。促進剤で痛みはピークになるが、二日間、ほとんど寝ていないので体力も残っておらず、りきんでもうまく出てきてくれない。結局、吸引分娩でようやく出産。産んだあとの裂け方もひどく、縫合も麻酔が効かず、とても痛かった。


陣痛が起きていないうちに破水してしまい、急いで病院に行きました。 子宮口もまったく開いていない状況だったので、子宮口を開く薬を飲んだもののあまり効果がありませんでした。 弱いながらも陣痛は続いて、でも全然子宮口は開かず、結局バルーンをいれて様子を見る事になりました。 バルーンの痛みに頑張って耐えたのに、翌朝にになっても1センチしか子宮口が開いていなかったので、結局陣痛促進剤を打つ事になりました。 促進剤を打ってからの痛みは激し過ぎて、全然眠れていなかった私は気絶しそうになりました。 結局、普通分娩で産まれましたが、40時間かかってしまいました。


私が妊娠した時に、旦那はそれほど喜んでいた感じがありませんでしたので、子供が生まれてもきっと 育児をしないだろうと思ってしまっていました。 私は出産予定日を1週間過ぎても陣痛がこなくて、10日たったころに微弱陣痛がきて、入院しました。 促進剤を投与されましたが、急に子供の心音がなくなってきたので、急遽帝王切開になりました。 私は自分のお腹を切られてすごくショックでした。普通分娩で生まれると信じていたからです。


まず…体重増加が原因でした。出産当日までに増えた体重は17キロ。24時間陣痛に耐え続けても子宮こうが全開にならず。先生の判断で陣痛促進剤を入れ、そこからさらに痛みに耐えて12時間。やっとの思いで分娩台へ。そのとたんに破水。力んでも力んでも赤ちゃんが出てこない。わたしの体力も限界。看護婦さんがお腹の上にまたがり、先生が何かの器具を使ってやっと生まれた我が子。わたしは中量出血の状態で、意識を失いました。それからベッドの上から3日起き上がれず、我が子を見に行けたのは4日後です。出産が…こんなに命がけなものだとは思いませんでした。そんなわたしを見て、母は心配で泣いていました。


予定日から1週間たっても何も兆候がなかったので入院して促進剤を使うことになりました。陣痛はすぐに始まったのですが、子宮口がなかなか開かず、分娩室に入ったのは入院してから3日目の朝でした。しかしそれでもなかなか産まれず、先生が吸引し、主人が私のおなかを押してようやく産まれました。どうやら子の首にへその緒が巻き付いていてなかなか下りてこられなかったようです。入院してから50時間かかりましたが、無事に産まれたことを本当に嬉しく思います。


難産のお話_01  難産のお話_02



Copyright (C) 難産を経験したママ達の声 All Rights Reserved.